marketing column
マーケティングコラム

動画マーケティングとは?メリットと活用方法を解説

公開日:2021/04/07
動画マーケティングとは?メリットと活用方法を解説

最近ではスマートフォンとWi-Fi回線の普及で、いつでもどこでも動画を楽しめるようになりました。音楽やHow toなどを検索して、YouTubeをはじめとした動画コンテンツを視聴する機会も多いと思います。

今では、マーケティングの主流はデジタルへと移行しており、動画を活用したマーケティングは多くの企業がとりいれています。

この記事では、動画マーケティングについて解説します。

 

 

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像コンテンツを活用したマーケティング活動です。

具体的には、YouTubeへの動画投稿やTikTok、Instagram、TwitterなどのSNSなどを利用したマーケティングのことを指します。

ユーザーへ訴求力がある動画コンテンツを提供することで、商品やサービス、また企業そのものに関心を持ってもらうことができ、企業のブランディング戦略にもつながります。

 

 

動画マーケティングのメリット

動画を活用したマーケティングには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

情報量が多い

一説によると1分間の動画コンテンツが伝える情報量は、180万言語、webサイト3600ページ分だといわれています。

短時間で多くの情報をユーザーに伝えることができるのが、訴求力が非常に高いのが動画コンテンツです。

 

商品やサービスへの理解度を深めることができる

動画コンテンツは、音声と映像の組み合わせでユーザーに内容が伝わりやすく、商品やサービスへの理解を深めることができます。

具体的な商品の使い方や電池交換の方法など、テキストベースだと理解しづらいことも動画コンテンツによって理解することができます。

 

検索エンジンのSEO効果が上がりやすい

Googleは動画コンテンツを高く評価することを公表しており、良質な動画コンテンツほどSEOの評価が上がり、検索結果の上位に表示される可能性があります。

検索結果の上位に表示されることで、サイトの評価も上がり、結果として多くのユーザーが目にするようなサイトとなります。

 

 

顧客満足度を高めるためにオススメな動画は「動画マニュアル」

動画コンテンツを作成するにあたって、どのような内容の動画を作成したらいいか、どのように活用したらいいか悩む方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメな動画コンテンツは「動画マニュアル」です。

 

多く商品やサービスには、紙のマニュアルがありますが、本のマニュアルを見てもわかりづらいことが多いのではないでしょうか?

 

例えば、ロードバイクがパンクしてしまってどうしたらいいかマニュアルを読んでみたが、わからない時に、「ロードバイク パンク修理」で検索をして、実際にロードバイクのパンク修理を行っている動画があったら、自分で修理できるかもしれません。

 

また、商品の電池交換の仕方がわからない場合に、どこかにあるかわからないマニュアルを探して、分厚いマニュアルを見て、商品の電池交換をするよりも、動画コンテンツを見て、簡単に電池交換ができるかもしれません。

 

商品やサービスのマニュアルを動画コンテンツで説明すると、「フォローがよい」「他の人にも紹介したい」「リピートで購入したい」というようなパターンアクションにつながり、ユーザーの顧客満足度が高くなります。

 

 

動画マーケティングをはじめるには?

これまでの記事を読んで「動画マーケティングをはじめてみたい!」と思っていただけましたでしょうか?

しかし、実際に動画マーケティングを始めるとなると「機材はどうしたらいいか?」「うまく話せないのではないか?」と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、動画制作会社に依頼して、きちんとした機材で制作すればいいのですが、コストがかかります。

 

そのため、気軽に自分で撮影して、動画マーケティングをはじめてみてはいかがでしょうか?

機材については、最近のスマートフォンの性能は非常によくなっているので、スマートフォンでの撮影でも十分です。

また、編集についても現在は様々なアプリがあり、簡単に編集することができますし、編集をしなくても問題ありません。

 

動画コンテンツは、商品やサービスの紹介や企業のブランディング、How toなど使用目的は無限大です。

ぜひ気軽に動画マーケティングをはじめてみましょう。

 

 

まとめ

動画コンテンツは、訴求力が非常に高く、短時間で多くの情報をユーザーに伝えることができます。

また、動画マーケティングは、YouTubeなどのプラットフォームを活用すれば、webサイトなどを持たなくてもはじめることができます。

ぜひ敷居が高いと思わずに、気軽に動画マーケティングをはじめてみましょう。

 

Best Effort Marketing