TOP  >  マーケティングコラム  >  他社との差別化を図るには

マーケティングコラム

他社との差別化を図るには

経営・マネジメント 2017/09/26
差別化グラフ

差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。

 

ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。

 

差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。

【目次】
1.ライバルの多い業界で勝ち残るためには
2.USPの成功例
3.まとめ

ライバルの多い業界で勝ち残るためには

競争が激しいといわれる業界はいくつかあります。

 

美容室、コンビニ、エステ、そして最近メディアでよく取り上げられていますが、今やコンビニの数よりも多い歯科医院、そして資格保有者の増加で供給過剰気味の弁護士・税理士・行政書士等の士業が挙げられます。

 

飲食業界は開店から5年以上生き残れるのは10%台ともいわれています。

 

このような業界はもちろんのこと、ほぼどのような業界でも、多くのライバルたちと戦わなくてはならない環境にさらされています。

 

ライバルとの差別化を図るには、「USP」を持つことが重要だと言われています。

USPとはユニーク・セリング・プロポジションの略。

マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

USPの成功例

USPの有名な成功例として、次のようなものがあります。

 

• ドミノピザ「30分以内にお届けできなければ、お代は要りません」
• セブンイレブン「開いててよかった!セブンイレブンいい気分!」
• ダイソン「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」

 

このように、際立ったUSPは、ライバルとの差別化を可能にします。

 

ライバルが多い業界にいて、どうすれば他社との差別化が図れるのか、どうすれば競合他社に打ち勝ちお客様に振り向いてもらえるのか…。

 

その答えがUSPです。

効果的なUSPをつくることによって、ライバルより一歩抜き出る存在になることができます。

 

まとめ

◆ライバルとの競争に打ち勝つには「差別化」を図らなくてはなりません。

 

◆特に美容室、コンビニ、エステ、歯科医院、弁護士・税理士・行政書士等の士業は競争が激しく、自社ならではの「強み」を明確にする必要があります。

 

◆差別化を図るには「USP」を持つことが重要です。USPとは、マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

Contents