TOP  >  マーケティングコラム  >  ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

マーケティングコラム

ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

経営・マネジメント 2019/03/20
ビジネス,パーソン,第一印象,成約率(イメージ画像)

ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なことです。

特に、初対面の印象は重要であり、それによって後の成約率も変わってきます。

しかしながら、ビジネスパーソンの中には、初対面での印象を意識せずにお客様との初商談を迎えるなど、事前準備を疎かにする方もいます。

今回は第一印象の重要性と、印象を良くする方法についてご説明します。

良い第一印象とは?

第一印象を良くするための方法には、大きく分けて“見た目(外見)”“立ち居振る舞い(内面)”の改善があります。

この2つについて考えてみましょう。

1.見た目(外見)の改善

外見については、「清潔感」「TPOに合わせた服装」が特に重要です。

例えば、多くのビジネスパーソンはスーツを着用してビジネスの場に臨みます。

そのとき、スーツにシワがよっていたり、パンツに折り目がついていなかったりしたら、どう思われるでしょうか。

初商談は会議室や喫茶店などお客様と近い距離で行われるのが普通なため、このように細かなミスでも相手の目につきやすくなります。

ビジネスカジュアルが許される場合でも、ネクタイは締めずとも、シャツにジャケットを羽織るぐらいはしておきましょう。

また、意外と見られているのが足元です。

高級な靴を履く必要はありませんが、汚れが目につくようでは、かなりのマイナスポイントになります。

時計も要注意です。

相手が嫌味に感じるような高級ブランドの時計や、金無垢の派手な時計などは、ビジネスシーンでの着用は控えたほうが無難です。

2.立ち居振る舞い(内面)の改善

立ち居振舞いについては、名刺の渡し方などの基本的なビジネスマナー、会話などのコミュニケーションの取り方、態度などがあります。

中でも重要なのは、「相手の話をよく聞く」「あからさまな否定はしない」「独りよがりの話はしない」「相槌をうつ」といったことです。

ありがちなの失敗が、同業他社やライバルについて、否定的なこと(悪口等)を口にすること。

「きっとだれに対しても同じような悪口を言っているのだろうな」と悪い印象を与えてしまいます。

否定的なことは避けて、相手を立てながら、自社の優位性を伝えれる話し方をマスターしましょう。

ビジネスパーソンとしての“見た目”“見え方”を意識して行動することで、“信頼性”“信用性”が高まり、それが結果として成約率の高まり、販売につながります。

まとめ

・商談の成約率を上げるには、第一印象が大切!

・第一印象を良くするためには“見た目(外見)”と“立ち居振る舞い(内面)”に気をつける必要がある。

・見た目はスーツのシワやパンツの折り目、靴の汚れなど細かいところにまで気を配る必要がある。また高級ブランドの時計など相手が嫌みに感じるようなアイテムは控える。

・立ち居振る舞いは、「相手の話をよく聞く」「あからさまな否定はしない」「独りよがりの話はしない」「相槌をうつ」など相手を尊重したコミュニケーションが大切。ライバル会社の悪口は第一印象が悪くなるので言わない。

© Copyright 2017 ベストエフォートマーケティング. All rights reserved.