marketing column
マーケティングコラム

シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

公開日:2021/01/11
シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の1つになりつつあります。
シニア層の顧客獲得に必要なのは、デジタルとアナログの両方のアプローチを活用する考え方です。
今回は、団塊世代を取り込むためのシニアマーケティングの考え方や、効果的な施策について解説します。

 

【目次】

1.シニアマーケティングの定義
2.団塊世代を取り込むシニアマーケティングのポイント
3.シニア向けのマーケティングで効果的な施策
4.まとめ

シニアマーケティングの定義

シニアマーケティングとは、団塊世代をはじめとしたシニア層にターゲットを絞ったマーケティングです。

シニア層特有の興味や関心、購買パターンを分析して施策を実施します。

特に集客や顧客獲得においては、シニアが活用するチャネル(顧客との接点)を理解した上で戦略を立てることが効果的です。

 

団塊世代を取り込むシニアマーケティングのポイント

シニアマーケティングでは、デジタルとアナログの2つのチャネルによるシナジー効果を生み出すことが重要です。

ここでは、チャネルごとにポイントを紹介します。

 

◆デジタルマーケティングの活用

 

シニアマーケティングにおいて、デジタルを活用したアプローチは重要な課題です。

この背景には2つの要因があります。

 

1つ目はシニア層のネット利用率の増加です。

総務省「通信利用動向調査」によると、2018年時点における60〜69歳のインターネット利用率は76.6%(前年73.9%)、70〜79歳は51.0%(同46.7%)となっており、それぞれ前年よりも伸びています。

また、スマホやSNSの利用者が増加中である点も無視できません。

 

2つ目はネットやスマホの進化です。

大手ECサイトは発展を続けており、その他にもフリマアプリやタクシー配車など、次々と新しいネット系サービスが登場しています。

 

今や、シニア層に向けた「シニアデジタルマーケティング」の取り組みは欠かせません。

ECサイトやWebメディア、インターネット広告、アプリ配信といった、デジタル上のあらゆる手段によって集客・販売を目指す考え方が重要になってくるでしょう。

 

*参考:総務省「インターネットの利用状況」

 

◆アナログ特有のアプローチ

一方でアナログからのアプローチも重要です。デジタル技術が発展しても、リアルの魅力が全て無くなるわけではありません。店頭での丁寧な接客やコト消費など、アナログ特有の強みが残る分野は必ずあります。また、割引特典がついたチラシやシニア層向けのスクール情報が掲載されたフリーペーパーなど、アナログ特有のアプローチもまだまだ効果が期待できるでしょう。

 

 

シニア向けのマーケティングで効果的な施策

 

シニア向けのマーケティングでは、シニア層の興味や関心、行動パターンに合わせた施策が大切です。

ここでは効果的な施策を紹介します。

 

◆チャネルを絞る

 

チャネルの選択は慎重に行う必要があります。

デジタルではWebメディア、電子メール、ネット広告、SNSなどがある一方、アナログでは実店舗やチラシ、看板などがあり、それぞれ種類が豊富です。

しかし、むやみにいろいろ試しても、成果は出づらいでしょう

 

2018年時点で高齢者のスマホ利用率は60〜69歳で56.2%、SNS利用率については38.6%です。

どちらも着実に利用率が増えている段階ですが、若い世代と比べると低いのも事実。

これらのデータを踏まえつつ、ターゲットに合わせた施策を打つことが重要です。

 

*参考:総務省 「平成30年投信利用動向調査の結果」

 

◆質や信頼性をアピールする

商品やサービスの質も重要です。

民間のマーケティング会社による消費者意識に関する調査では、シニア層は商品を購入する時に慎重な姿勢が見られました。

この層は、価値と価格が見合っているか、品質の裏打ちがあるかを重視する傾向があり、話題性や人気には左右されづらいという結果が出たのです。

 

アナログのチャネルでは、商品を自分の目で見たり直接手に取ったりすることができるため、質や信頼性を訴求する施策が有効でしょう。

 

そして、これはネットでも同じです。

「家計消費状況調査」では、60歳以上の世帯がネットショッピングで購入する商品のうち、旅行、食料品、衣料品の割合が大きいという結果でした。

このような商品は、ネットであれば価格や品質、魅力などを細かく比較できます。

ネットでも、販売者側はモノ・サービスそのものの魅力をアピールすることが大切なのです。

 

*参考:総務省統計局「家計消費状況調査2018年インターネットを利用した支出の状況」

 

まとめ

シニアマーケティングは、今後のさらなる人口の高齢化とシニア層のネット利用の加速が見込まれるので、デジタルとアナログのチャネルを両輪として活用していくことが求められます。

シニア層が利用しているチャネルや求めていることを意識しながら、顧客を取り込みましょう。

Best Effort Marketing