TOP  >  新着情報一覧  >  広告・販促費に使える補助金活用セミナーのお知らせ

広告・販促費に使える補助金活用セミナーのお知らせ

商品の宣伝やHP作成などにかかる、広告費。それらに活用できる最大補助額50万円、返済不要の補助金制度をご存知ですか?
従業員5名以下の企業様向けに、吉祥寺でセミナーを行います。

本セミナーで学べること
・補助金の仕組み
・手続き方法、準備
・従業員5名以下の企業向き補助金のご紹介
・補助金の利用事例 (ロゴ制作、パンフレット、HP等)

◆ 日程
2019年12月4日 (水)
13:00~17:00   

◆ セミナー内容
【第一部】 13 :00~14:00
広告・宣伝に使える補助金活用セミナー

【第二部】 14:00~15:30
補助金を使って作成したHP・広告や、宣伝物の具体的な利用事例 

【第三部】 15:30~16:00
補助金の専門家へ直接ご相談できる機会です

◆ 講師
山口 良明  (onevisionコンサルティング/中小企業診断士)

◆ 参加費
2,000円

◆ 場所
オイスターバル 吉祥寺スパイラル
東京都武蔵野市2-14-13

~小規模事業所補助金をお考えの方へ~

◆小規模事業者持続化補助金対象となりうる条件・業種
・会社および会社に準ずる営利法人
   (株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)
・個人事業主  (商工業者であること)
・役員を除く従業員5名以下  
 ※従業員=常時雇用者 (正社員と同じ労働時間で働いている人)
・個人事業主もしくは会社
    ※NPO法人、一般社団法人、医療法人等は対象外です。
・売上を上げるために、販促をしたい
・補助金が後払いでも問題ない
 ※初回広告利用から、補助金支払いまで1年以上かかる場合もございます。
  補助金審査が合格している場合は、高い可能性で商工会等から融資をいただける場合がございます。
・今後1年間の販促を、計画的に実行したい
 ※地域新聞社では、販促計画作成のサポートを行っております。
 ※採択前に支払った経費は補助の対象になりません。

◆補足情報
・自社の独自製品を保有している方が有利
・今後の取り組みに、独自性や工夫がみられる方が有利
・人的営業力のみを強みとした仲介料、手数料ビジネスは不利

◆補助対象にならない
・医師、歯科医師、助産師、系統出荷による収入のみである個人農業者  (個人の林業、水産業者についても同様)
・協同組合等の組合  (企業組合。協業組合を除く)
・一般社団法人、公益社団法人、医療法人、宗教法人、NPO法人、学校法人、農事組合法人、社会福祉法人
・申請時点で開業届を出していない創業予定者
・任意団体、その他反社会的団体、あるいはその構成員が所属する団体

 

https://www.facebook.com/events/1434210616747470/

 

広告,販促に使える補助金活用セミナー

 

 

新着情報一覧へ戻る

© Copyright 2017 ベストエフォートマーケティング. All rights reserved.