TOP  >  新着情報一覧  >  【動画】インターナルマーケティングで売上げを上げる

【動画】インターナルマーケティングで売上げを上げる

【動画ブログ】インターナルマーケティングで売上げを上げる

概要:インターナルマーケティングという言葉をご存知でしょうか。

 

“インターナルマーケティングとは、従業員を企業内部にいる顧客ととらえ、従業員の満足度(ES)を高めることを目的に行うマーケティング活動のこと。

仕事の提供の仕方や指示の出し方について、マーケティング的な手法を導入する。

すなわち、強制的な指示ではなく、従業員の自律的・自発的な行動を促すことによって、従業員のモラルを高めようとする施策。”
(引用:実務家のための専門知識・情報サイト”Buzzword)

 

この施策から結果として会社の売上げを上げていくことが可能です。

 

 

新着情報一覧へ戻る
TOP  >  新着情報一覧  >  【動画】人前で話すときに緊張しない方法について

【動画】人前で話すときに緊張しない方法について

会社員時代もセミナー、講演で話す機会をいただいて、10~200名の前で話すを機会を頂いておりましたが、それでも年に数回程度でした。

独立してからは、見込み顧客を獲得するために比較的費用がかからない自主セミナーを数多く開催してきました。またイベント、フォーラムでゲストスピーカーとして、週一で開催されるビジネスミーティングのメンバーとして、人前で話す機会は飛躍的に増えました。


よく“人前で話すときに緊張しないんですか?”と質問を受けます。


実はかなり緊張します。

特に参加者数が30名を超える場合は。

私の場合、少しでも緊張は和らげるために行ってきたことは、日頃から人前で話す機会を積極的に増やす、つまり場数を増やすことでした。

場数を増やすことによって、人前で話すことに慣れてきて、また自然と話し方が上手くなっていきます。


でもそれでも緊張は完全にとけません。

緊張をなくす努力をするよりもむしろ緊張をうまくコントロールすることに注力したほうがいいでしょう。

では緊張しながらも上手く話すためには。。

これは私の場合ですが、聴衆者の中でも最低数名は笑顔で話を聞いている人がいます。

私は話をはじめてから意識的に笑顔で話を聞いてくれる方を探します

最低3人。

そしてその方々を順番に繰り返し、その方を見て話すようにしています。

そうすると自分の話を満足して聞いてくれているんだなと、かなり安心感を覚え、リラックスした状態で話を進めることができます。

そしてなるべく無表情な人、ながらでPCやスマホをいじっているひとは見ないようにします。逆にますます緊張が高まっていきます。

 
まずは“笑顔でいる人”、最低3人みつけましょう。

是非お試しください。

新着情報一覧へ戻る
TOP  >  新着情報一覧  >  【動画】売上げを上げる方程式 顧客数×顧客単価×リピート率

【動画】売上げを上げる方程式 顧客数×顧客単価×リピート率

【動画】売上げを上げる方程式 顧客数×顧客単価×リピート率

概要:
売上げをあげる方程式とは【顧客数】×【顧客単価】×【回数(リピート数)】です。

3つの要素の数字を意識して満遍なく上げていくことによって、売上げは増えていきます。

各要素について簡単に説明すると下記のとおりとなります。

【顧客数】→購入した顧客、つまり既存顧客

【顧客単価】→販売価格、導入価格

【回数(リピート数)】→2回目以降の購入回数

これらの3つの要素の中で、【顧客単価】は自社との競合、また費用対効果等のからみから、自社の努力で上げていくのはどこかで限界がきます。

【顧客数】、【回数】は、自社の努力によって増やすことは可能で、そのために営業マーケティング活動をどのように戦略を立てて、実行するか、知恵の出しどころです。

そして営業マーケティング活動によって結果を出すうえで、各要素の情報を盛り込んだ顧客リストは非常に大事な役割を担います。

営業マーケティング活動の戦略立案、進捗分析、効果測定など、この各要素を盛り込んだ顧客リストを活用することで効率的に売上げを伸ばすことが可能になります。

新着情報一覧へ戻る
Best Effort Marketing