お問い合せフォーム

WEBサイト、ランディングページの最終目的は、“お問い合せフォーム”見込み顧客が個人情報を入力して送信ボタンを押すことである(アプローチしてくることである)。

 
多くのWEBマーケティング事業者、社内マーケティング担当の顧客、上司(会社)への成果は、マーケティング施策をしたことによる““お問い合せフォーム”もしくは代表電話へのお問い合わせ数である。

 
WEBサイトで自社商品/サービスに興味を持って頂いたのに、この最終アクションの一つである “お問い合せフォーム”の最適化について。

 
最適化の施策としては以下の4点が有効である。
 
①入力項目は必要最低限にとどめる 必須入力項目、個人情報入力項目は少なく。
 
②ストレスなく入力ができる
①と重なる部分はあるが、半角、全角、かな、カナの入力項目は強制しない。 郵便番号入力による自動住所表記。
 
③入力すべき例が用意されている
具体的に示される。もしくは選択肢を用意してチェックボックス形式でチェックのみしてもらう。

 
そして“お問い合せフォーム”に送信するための最も重要な点は、
 
その“お問い合せフォーム”を送信することによるメリット明確にすることである。

そのメリットとは
 
1.担当者が訪問しよい提案をしてくれる
 
2.商品/サービスをより具体的に説明するカタログが送付される
 
3.無料で適正な情報が得られる 等など。

 
自社商品/サービスに興味を持ってもらうためのWEBサイト制作は当然のことながら最優先事項だが、この“お問い合せフォーム”に目がいかないケースがほとんどだ。

 
“お問い合せフォーム”の最適化という“最後のひと押し”も重要であると認識してほしい。

 
feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー