最新トピック

【スマートフォン所有率調査】2年前の2倍、過半数の54.0%に。 女性のスマートフォン所有率が男性を初めて上回る。

スマートフォン

株式会社ビデオリサーチインタラクティブによるスマートフォンユーザーおよびタブレット端末ユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポートより、以下の結果が発表となった。

●15~69歳のPCインターネットユーザーでのスマートフォンの個人所有率は、前回調査(2013年8月)時点から4.8ポイント増加し、2年前(2012年2月)の2倍となる過半数の54.0%に達した。前回はじめてスマートフォンに抜かれた携帯電話/PHS(フィーチャーフォン)の個人所有率は41.9%であり、スマートフォン所有率との差は12.1ポイントに広がっている。

●スマートフォン所有率を性別でみると、6回目の調査ではじめて女性の所有率(54.4%)が男性(53.7%)を僅かばかり上回る結果になった。
性・年齢別に前回調査時点と所有率を比較すると、男性50代でスマートフォン・フィーチャーフォンとも動きが小さく(ともに0.6ポイントの低下)、買い替えの安定期に入ったとも想定されるが、その判断は次回調査結果を待ちたい。

●職業別では、前回調査と同様に女子学生(85.2%)、男子学生(78.3%)のスマートフォン所有率の高さが目立つ。また、主婦の所有率は前回から6.8ポイント増の45.7%を示し、半数越えが視野に入ったといえよう。

●タブレット端末の個人所有率は、前回調査時点より1.8ポイント増の16.3%。性別では、男性20.2%・女性12.1%。

【図表1】スマートフォン、携帯電話/PHSの所有率 時系列推移(全体)

image002
【図表2】スマートフォン、携帯電話/PHSの性・年齢別所有率

image004【図表3】スマートフォンの職業別所有率
image006【図表4】タブレット端末の所有率 時系列推移(全体)
image008【図表5】タブレット端末の性・年齢別所有率
image010

引用記事
スマートフォン所有率は、2年前の2倍、過半数の54.0%に。僅かではあるが、はじめて女性のスマートフォン所有率が男性を上回る。
http://www.videoi.co.jp/release/20140225.html

 

金村勇秀プロフィール

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー

 

サイト内検索がコンバージョンと離脱率改善の有効な手段

サイト内検索

ECサイト(ショッピングサイト)が解決したい大きな課題である「コンバージョン向上」「離脱率の改善」を達成するために、WEBサイト内に「サイト内検索」を設置し、的確に利用することが有効である。
 
1.コンバージョン率向上
※“WEBサイト”にアクセスしたユーザーが、どのくらいの割合で実際に購入したかの割合
 
2.離脱率
※購入には至らずサイト外にでた割合
 
これを解決するため“サイト内検索”を活用することが有効な手段であるとのこと。

 
引用記事:
“進化する”サイト内検索がコンバージョンと離脱率改善の切り札に!/パブリックアイデンティティ
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/02/10/16897

 
サイト内検索の利用率は、米国で57%、日本で36%となっている。
 
さらに、サイト内検索を利用したユーザーのコンバージョン率は米国で65%、
日本で45%である。これは、サイト内検索を利用するユーザーは、優良な顧客になりうる可能性が高いということを示している。

 
これによりサイト内検索は、サイト利用者の離脱率を改善するとともに、
利用者に対してコンバージョンまでの最短のルートを示している。

 
実際にサイト内検索を導入してどのくらい成果が上がるかのテストについて。同サイトの検索ウィンドウ有り、無しのテストを行ったところ、

 
検索ウィンドウがあることによって、コンバージョンは30%アップ、再来訪率は50%アップ、離脱率は40%低下した。また、平均購入金額も3%アップしたという。

 

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー

【最新トピック】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴-連携による合わせ技

social media

ソーシャルメディアを使用したマーケティングを行う際の参考として、各SNSのメリット・役割をまとめた記事がGaiaX Social Media Labより発表された。

発表記事:
【2014年保存版】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴・運用目的を徹底網羅!
http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/294

 
ソーシャルメディアマーケティングについての問い合わせを受けるが、知名度のある大企業ならばある程度のコーポレートブランドが確立しているため、取り扱っている商品/サービスの販促オンラインメディアとして使用するのがいい。

 
中小企業、ベンチャー企業、無名の士業の方がいきなり商品/サービスを紹介しても、同類の商品/サービスを扱っている競合との差別化が難しく、期待する効果はでにくい。
※革新的な商品/サービスを扱っている場合はまた違うが。。

 
まずは各ソーシャルメディアの特性、メリット、デメリットを把握した上で、各メディアにあった役割付けをして、自社(コーポレート)、士業(パーソナル)のブランディング向上に注力することを強くすすめる。

 
そしてブランドが認知され、自社、もしくは商品/サービスに興味を持った場合に、その受け先となるランディングページ(自社WEBサイト、商品/サービス紹介サイト)へと導くような自然な動線(リンク)をつくるのがよい。

 
どのメディアを使用するかは、“情報の拡散性”、“B to B向け”または“B to C向け”、“日本でのユーザー数”、“広告掲載の有無”などを考慮して、1つのメディアではなく複数のメディアを使用し、有機的に連携させて最終地点としてのランディングページに導くことが重要である。

 

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー

【最新トピック】サイト運営者向けの Google サービスを WordPress から利用が可能に

Googleofficialplugin

Google AdSenseの公式ブログからの発表。
wordpressをGoogleが公式のCMSと認めたといえ、Wordpressに積極的にGoogleのプラグインを埋め込むことによる連携性の向上、wordpressで構築したWEBサイトのGoogle検索結果に若干優位になるかもしれない。

 サイト運営者様向けの Google サービスを WordPress から利用が可能に:Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)

http://adsense-ja.blogspot.jp/2014/01/google-wordpress-google.html?m=1

wordpressをGoogleが公式のCMSと認めたといえ、Wordpressに積極的にGoogleのプラグインを埋め込むことによる連携性の向上、wordpressで構築したWEBサイトのGoogle検索結果に若干優位になるかもしれない。

【Google Adsense公式ブログより引用】

2014/01/27
サイト運営者様向けの Google サービスを WordPress から利用が可能に:Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)
この度、 WordPress の管理画面からサイト運営者向けサービスをご利用いただける Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)の提供を開始しました。
独自のドメインで WordPress を運用されている場合 Google サイト運営者向けプラグインをご利用いただくと、WordPress の管理画面から一部の Google サービスにアクセスすることができます。

Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)は以下の 2 つの Google サービスに対応しています。

・Google AdSense

ウェブサイトに広告を掲載し、ウェブサイトを収益化するサービスです。Google サイト運営者向けプラグインを利用すると、ウェブサイトに簡単に広告を掲載することができ、HTML コードを手動で編集する手間を省けます。

・Google ウェブマスター ツール

Google 検索におけるウェブページの視認性について詳しいレポートを作成するツールです。新しいプラグインを利用すると、ワンクリックでウェブマスター ツールを使ってサイトの視認性を検証できます。

Google サイト運営者向けプラグインは、WordPress.org のプラグイン ディレクトリからダウンロードすることができます。詳細とご利用方法については、ヘルプセンターをご覧ください。

以上

 

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー