事業経営

【起業前に考えた理想の組織論】スピード感のある組織について

ビジネスモデル

起業する前に、組織形態として必要最小限の人数で、組織内のレポートライン(ピラミッド構造)はシンプルに、
いわゆる
“Small is the best.Simple is beautiful(スモール イズ ザ ベスト。シンプル イズ ビューティフル)”

の考え方にもとづいた組織をつくろうと心に決めていた。

何故か?

“全てにおいてスピード感がある動きができ、社内の価値観、案件の進捗状況などを共有しやすく、問題が生じても速やかに解決可能だからだ。”

【スピード感について】

サラリーマン時代に、200人規模の会社から、60人規模、20人規模、10人規模、1人(雇われ代表)の会社で勤務したが、
その経験上、20人以上越えたあたりで、組織としてのスピード感が徐々に鈍くなるのではないだろうか。

なので、起業したら組織の規模の上限を20人ぐらいと決めていた。

この人数ぐらいまでだと、普通の社員でも、決済を仰ぐのは、余程会社の命運をかける案件以外は、自分の直属の上司だけで済む。

また何かあれば、直接上司を交えて社長に相談すれば済むし、社長、上司もそのように心得ている。
状況によっては、お客様と打ち合わせ中に、電話で上司に決済をもらい、その場で成約ということもできうる。
※実際、私もかなりこの経験をしたが。。

20人以上になると、上司が更にその上司にお伺いを立てて、決済をもらうケースが多くなる。

また稟議書の運用ルールが徹底しはじめ、直属の上司、最終決済者のハンコがもらえるまでは何も出来ず、
稟議書作成にも結構時間を取られてしまう。

そのように社内ルールが徹底しているケースが多いと思う。
※もちろん、20人以下の組織でも重要な案件では稟議書の作成あるが、日頃から社内で意思疎通ができ、
案件の情報を共有しやすいので、後付でも対応できるように、まずはスピード感をもって物事を進めるマインドが社内で共有されやすいと思う。

“社内での意思決定をシンプルにかつはやく、要はいかにお客様にスピード感を持って対応できるか

この点を徹底しようと起業前に決めていた。

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー

【リスクの少ない起業当初の“毛利元就の3本の矢”的な事業経営】

3本の矢

起業する前に事業計画をしっかり立てた上で、事業を開始すると思うが、実際にキャッシュが入って来るまではある程度の時間がかかるケースがほとんではないだろうか。
練りになったメインサービス/商品だとしても、実際営業をかけていく中で、中々売れないと状況が続くと思う。
そうなったら、精神的にもきついし、いつも事業が立ちいかなくなるかを心配するようになり、

“恐怖”である

実際私も起業当初はそうであった。
起業する際に潤沢な資金があった上で、事業開始したのならいざしらず、ほとんどの場合、資金はかぎられているはずだ。
そこでこれは事業を軌道にのせて、安定的にキャッシュが入るまでに、“3本のサービス/商品”で展開することをお勧めする。

つまり

①メインのサービス・商品
②メインのサービス・商品で短期でキャッシュをあげる派生サービス・商品
③短期のキャッシュ得るための他社サービス・商品

①については、
これは起業した際のメインのサービス、つまり自身が理想を描いて練りに練ってもの。
弊社の場合でいうと、WEB制作、月額課金のマーケティングアウトソーシングサービス(コンサルサービス)

②については、

メインのサービス・製品では、成約までの期間がある程度あるため、短期で成約を決めやすい派生サービス・商品

弊社の場合でいうと、WEB制作、WEBマーケティング、販促資料一式作成、スポットでの展示会出展の企画、運営サービスなど、お客の要望に応じて、即引受可能なサービス

③について、

売りやすい他社サービス・製品の販売もしくは紹介販売などの。

紹介手数料などで利益を得る。つまり代理店である。
弊社の場合でいうと、これは秘密である。

ここで
戦国武将の毛利元就の有名な“3本の矢”の話をご存知だろうか。

毛利元就 Wikipediaより引用(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E5%85%83%E5%B0%B1

“ある日、元就は三人の息子(隆元・元春・隆景)を枕元に呼び寄せ、1本の矢を折るよう命じた。息子たちが難なくこれを折ると、次は3本の矢束を折るよう命じたが、息子たちは誰も折ることができなかった。元就は一本では脆い矢も束になれば頑丈になるということを示し、三兄弟の結束を強く訴えかけた…というもの。“

つまり、起業した初期段階ですは、キャッシュがショートしてしまうと事業自体が終了してしまうことを常に頭に入れ、サービス・商品アイテムを3本の軸で展開していくのが、リスクの少ない展開方法であるということ。

1本では折れやすいが、3本では強固で折れにくい。

ある程度事業が軌道に乗り、安定的にキャッシュが入りはじめたら、本来自分が取り組みたかった①に集中すれば良いのではないだろうか。もちろん継続して3本の軸で展開するもの有りである。

起業当初から①のみでキャッシュが入れば別ではあるが。。

 

 

金村勇秀プロフィール

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー