ブランディング

【動画ブログ】パーソナルブランディングの有効手法としてのストーリーテリング

動画ブログパーソナルブランディング

【動画ブログ】パーソナルブランディングの有効手法としてのストーリーテリング

概要:
“製品/サービスがなかなか売れない”、“競合が多くてなかなか振り向いてくれない”、“値引き交渉させられて希望の価格で売れない”こららの要因はいろいろあるが、その一つの要因として、“製品/サービスのUSPが見つけられない”、“製品/サービスの差別化が出来ない”、“製品/サービスの差別化が出来ない”が挙げられる。

 

製品/サービスでUSPを定義し、差別化を図ろうとしても余程革新的な技術、アイデアが無い限りは、ずば抜けた差別化は難しい。

 

ではどのようにすれば売れるのか。。

 

ここで思考を変えて、“何を売る”では“誰が売るか”とマインドセットするとにより、一気に製品/サービスを売ることが可能となる。

 

すなわち

 

“この人が売るから信頼できる製品/サービスだろう”
“この人がサポートするから安心できる”
“とにかくこの人から買いたい”

これは“誰”、すなわち“私”はこの世には1人しかいないので当然差別化は出来ている。さらにパーソナルブランディングすることにより、ずば抜けたUSPを得ることが出来、差別化を図ることができる。

 

次回は、パーソナルブランディングの手法の内の一つストーリーテリングの手法を次回お話したい。

 

■ビジネスカウンセリング、1日でビジネス課題を明確化し、解決方法、今後の具体的施策まで提示します
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/businesscounseling

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 

金村勇秀プロフィール

 

 

【動画ブログ】視点を変えた差別化により成約率をあげる-“誰が売るか”

動画ブログ差別化

【動画ブログ】視点を変えた差別化により成約率をあげる-“誰が売るか” 

概要:
自社の製品/サービスの成約率を上げるための方法はいくつかある。
 
今日はその一つの方法について説明する。競合が多い製品/サービスを取り扱っている場合、いくら機能面、価格面でアピールしてもそれらを聞いている見込み顧客はその機能が本当に優れているのか、価格は妥当なのか、他社と比べてどうなのかの判別は実はできていないケースが多い。

 

機能面で優位性があるとしても競合が追従できない革新的な機能なら別だが、その時点では優位に立っているとしてもいずれは競合が機能を同等、もしくは上回るようにアップグレードしてくる可能性は大である。
 
そして同機能で価格が安い製品/サービスが出てくるのも時間の問題である。そのときは差別化出来ても、いずれは差別化できなくなるといえる。

 

ここで視点をかえると“何を売る”かももちろん重要だが、“誰が売る”かにフォーカスをあてるとよい。これにより誰はもちろんあなたもしくはあなたの会社であるから、市場ではもちろんオンリーワンである。ここを上手くアピールすれば半永久的な差別化ができる。

“何を売るか”、それにくわえて“誰が売るか”、視点を変えてピールすることをおすすめする。

 

■ビジネスカウンセリング、1日でビジネス課題を明確化し、解決方法、今後の具体的施策まで提示します
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/businesscounseling

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 

金村勇秀プロフィール

 

【動画ブログ】初回訪問後の効果的なメールフォローについて

動画ブログメールフォロー

【動画ブログ】初回訪問後の効果的なメールフォローについて 

概要:
新規見込み顧客、初回訪問後の名刺交換後の効果的なフォローについて。新規見込み顧客の初回訪問後のフォローはどのように行っているだろうか。多くはメールで行っていると思うが、その内容というと、忙しい中での打合せの時間を取って頂いたことに対して感謝、打合せの中での次回提案事項の確認、次回打合せのアポ調整等など、打合せ内容にもとづいた内容だと思う。

 

このメール返信の際に、自身のブログ、メディアでのインタビュー記事、お客様の声、導入事例等、自社運営のソーシャルメディア、もしくはネットでURLをクリックすれば閲覧できるページなどをメールの中で紹介することをすすめる。

 

初回訪問では、双方ともどこかで様子見のところもあり、また時間も限られている中で、製品/サービスを紹介する時間が十分とはいえず、また逆にし過ぎると相手のからの印象がネガティブになるかもしれない。なのでその場では控えめに、初回訪問後のフォローとして、URLでクリックすれば閲覧できる媒体の紹介をすることはとても有効である。

 

その際も紹介する文言も、“十分な時間が取れず、あらためて下記のURLより弊社の事例をご参照ください。”、“ブログを運営しており、このブログを見ることによってより弊社のことがご理解いただけます”等、さり気なく紹介することで、ほとんどの方は閲覧してくれる。

 

実際、私の場合も署名欄に動画ブログのURL、私自身のインタビュー動画等のURLを案内し、次回訪問には実際にみたというコメントをよくいただく。

 

手間暇もそれほどかからないアクションであるが、その効果は大きいのでおすすめする。

 

■金村勇秀に売上げ向上マーケティングコンサルティングのお問い合わせ・ご依頼はこちらから
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/inquiry

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 

金村勇秀プロフィール

 

 

【動画ブログ】ブログは質よりも数を優先、数を増やせば質もあがる-ブログマーケティング

動画ブログ更新頻度

【動画ブログ】ブログは質よりも数を優先、数を増やせば質もあがる-ブログマーケティング

概要:
製品/サービス概要はもちろんのこと、自身のビジネスに対する取り組み、専門家としてのスキルの高さを体外的にアピールするためのツールとしてブログは必須である。ブログを始めてまずぶち当たる一番の壁は、継続ができるかどうかというのではないだろうか。その原因として、質のいい記事ネタがつきてしまった、一記事を準備するのに時間がかかる等がある

よほどの経験実績、もしくは知識量がなければ、、毎回誰もが賞賛する記事を書くことは現実難しい。ブログの性格、役割を考えた時に、じつは素晴らしい記事を月2,3回公開するよりは、毎日もしくは週数回書くほうがずっと実益にかなっている。もちろん、毎日素晴らしい内容の記事をかければそちらのほうがいいですが。。

ブログを頻繁に更新していくことにより、読者との接触頻度が高まり、また頻度をあげることで読者が増えていく。そしてこれが正のスパイラルとして回っていき、効果的に多くの読者にブランディングをすることが可能となる。

なので記事の内容を気にしすぎて、更新頻度を低くすると、新規の読者は増えず、また既存の読者にも忘れられてしまうリスクが高い。まずは更新頻度を高くすることが大切である。

更新頻度を高くすることで、経験値の積み上げにより、記事の質は上がっていき、また短時間で更新できるようになる。

 

■金村勇秀に売上げ向上マーケティングコンサルティングのお問い合わせ・ご依頼はこちらから
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/inquiry

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 

 

金村勇秀プロフィール

 

 

2014年10月1日(水)開催ストーリーで語る“刺さる”プレゼン術 ワークショップ入門編

プレゼン

2014年10月1日(水)19:00よりストーリーで語る“刺さる”プレゼン術 ワークショップ入門編を開催します。

★ 違いを産むのは共感できる物語りだ!

営業、プレゼンなどのトークにストーリー「物語」を交えて語ることにより、お客様の感情に訴え、深く印象に残ります。

人はストーリーに感動すると言われ、より効果的な成果を得ることが可能です。

そしてお客様への提案や社内で企画を通す時などあらゆるビジネスパーソンに求められるスキルです。

このプレゼンを消費者が購入するまでの心理プロセスとして知られるAIDMAの法則。つまりAttention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)。

このAttention(注意)→Interest(関心)に着目したストーリーテリング手法を用いたプレゼン作成ワークショップの入門編です。

 

本ワークショップは、スキルもさることながら、自分自身の人間力を訴求しないと成約に結びつきにくいコンサルタント、コーチ等、士業の方に最適です。

【ワークショップ入門編 スケジュール】
1.オリエンテーション

2.ストーリーの効用について
心理学から見た相手との距離感を縮めるストーリーの展開方法
信頼感を高める物語りのテーマとは
聞き手の興奮を促す脳内ホルモンを引き出すには

3.商品を語らず自らを語れ!「私は何者か?」の語り方
アイデンティティの自己開示で相手に迫れ
小中学生までの記憶から今へと繋ぐ
400字でマイストーリーを語る

4.相手から話を聞いてくる劇的パワー名刺と価値観を伝えるストーリー紹介
「こだわり」を強烈に打ち出す
こだわりと仕事の因果を語る
相手が、あなたにもっと会いたくなる方法

成果物は、「私は何者か?」のストーリー完成版400字程度

☆お客様の声はこちらをご参照ください☆

-株式会社Future Management & Innovation Consulting
チーフコンサルタント
高島武和様
-ライティングプラス
代表 ライター/ライティングサポーター
三村真佑美様
-NPO THOT(トット)
永棟 峰代様

 

記の問合わせフォームよりお申込みください。
http://my.formman.com/form/pc/Z1fqy2OrzOwLVLi4/

 

【ファシリテーター】
吉本精樹
ストーリーテリングを使って金融機関や企業で年間180回以上のセミナーを開催し個人の意欲・能力アップの支援と職場の活性化を手がける。2回のセミナーで銀行の支店を行内一番の優績店に成長させた実績がある。職場のコミュニケーションに深みを与え、組織力を高める100種類以上のチームビルディング手法を組み合わせたワークショップの専門家集団を率いているエキスパート

主な研修実績
日本オラクル(株)、味の素(株)、ちばぎん総合研究所、(株)肥後銀行、ソニー生命保険(株)、 日本生命保険相互会社、オリックス生命保険(株)、西日本電信電話(株)、富士通(株)、日本マイクロソフト(株)、九州電力(株)、昭和産業(株)、ブラザー工業(株)、 大和ハウス工業(株)、太平洋セメント(株)、㈱日本電気東京ガス(株)、山口大学、他多数

◆日時
 2014年10月1日(水) 19:00~21:00 (18:30開場)

◆場所
 新橋ビジネスフォーラム
 http://biz-forum.jp/access.html
 東京都港区新橋1丁目18-21 第一日比谷ビル8階

◆参加費
 3,000円

◆主催
 ストーリンテリング・プレゼン塾事務局

 

■金村勇秀に売上げ向上マーケティングコンサルティングのお問い合わせ・ご依頼はこちらから
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/inquiry

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 金村勇秀プロフィール

 

 

2014年9月22日(月)開催ストーリーで語る“刺さる”プレゼン術 ワークショップ入門編

プレゼン

2014年9月22日(月)15:00よりストーリーで語る“刺さる”プレゼン術 ワークショップ入門編を開催します。

★ 違いを産むのは共感できる物語りだ!

営業、プレゼンなどのトークにストーリー「物語」を交えて語ることにより、お客様の感情に訴え、深く印象に残ります。

人はストーリーに感動すると言われ、より効果的な成果を得ることが可能です。

そしてお客様への提案や社内で企画を通す時などあらゆるビジネスパーソンに求められるスキルです。

このプレゼンを消費者が購入するまでの心理プロセスとして知られるAIDMAの法則。つまりAttention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)。

このAttention(注意)→Interest(関心)に着目したストーリーテリング手法を用いたプレゼン作成ワークショップの入門編です。

 

本ワークショップは、スキルもさることながら、自分自身の人間力を訴求しないと成約に結びつきにくいコンサルタント、コーチ等、士業の方に最適です。

【ワークショップ入門編 スケジュール】
1.オリエンテーション

2.ストーリーの効用について
心理学から見た相手との距離感を縮めるストーリーの展開方法
信頼感を高める物語りのテーマとは
聞き手の興奮を促す脳内ホルモンを引き出すには

3.商品を語らず自らを語れ!「私は何者か?」の語り方
アイデンティティの自己開示で相手に迫れ
小中学生までの記憶から今へと繋ぐ
400字でマイストーリーを語る

4.相手から話を聞いてくる劇的パワー名刺と価値観を伝えるストーリー紹介
「こだわり」を強烈に打ち出す
こだわりと仕事の因果を語る
相手が、あなたにもっと会いたくなる方法

成果物は、「私は何者か?」のストーリー完成版400字程度

☆お客様の声はこちらをご参照ください☆

-株式会社Future Management & Innovation Consulting
チーフコンサルタント
高島武和様
-ライティングプラス
代表 ライター/ライティングサポーター
三村真佑美様
-NPO THOT(トット)
永棟 峰代様

 

記の問合わせフォームよりお申込みください。
http://my.formman.com/form/pc/Z1fqy2OrzOwLVLi4/

 

【ファシリテーター】
吉本精樹
ストーリーテリングを使って金融機関や企業で年間180回以上のセミナーを開催し個人の意欲・能力アップの支援と職場の活性化を手がける。2回のセミナーで銀行の支店を行内一番の優績店に成長させた実績がある。職場のコミュニケーションに深みを与え、組織力を高める100種類以上のチームビルディング手法を組み合わせたワークショップの専門家集団を率いているエキスパート

主な研修実績
日本オラクル(株)、味の素(株)、ちばぎん総合研究所、(株)肥後銀行、ソニー生命保険(株)、 日本生命保険相互会社、オリックス生命保険(株)、西日本電信電話(株)、富士通(株)、日本マイクロソフト(株)、九州電力(株)、昭和産業(株)、ブラザー工業(株)、 大和ハウス工業(株)、太平洋セメント(株)、㈱日本電気東京ガス(株)、山口大学、他多数

◆日時
 2014年9月22日(月) 15:00~17:00 (14:30開場)

◆場所
 新橋ビジネスフォーラム
 http://biz-forum.jp/access.html
 東京都港区新橋1丁目18-21 第一日比谷ビル8階

◆参加費
 3,000円

◆主催
 ストーリンテリング・プレゼン塾事務局

 

■金村勇秀に売上げ向上マーケティングコンサルティングのお問い合わせ・ご依頼はこちらから
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/inquiry

 

■スマホ対応の“レスポンシブWEBデザイン”WEBサイト制作で引き合いを増やしませんか。
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/responsivewebdesign

 

 

金村勇秀プロフィール

【動画ブログ】WEBサイトのブランディングにより機会損失を最小限に防ぐ

WEBサイトのブランディングにより機械損失を最小限に防ぐ

ビジネスパーソンとして日々名刺交換をするが、名刺交換をした際に相手に興味を持った場合はどのような行動を起こすだろうか。

 

私の場合は、名刺に記載されているWEBサイトに訪問する。

 

知りたいことは、この人はどのようなビジネスをしているのか、会社規模は、価格は、会社理念、ビジネスの考え方など。。

 

その際に、訴求メッセージがしっかりと表現され、見る側にサイト内をスムーズに移りやすいサイト構造、すなわちユーザビリティが高いサイトだと、好印象を持ちます。そして今は特に仕事の依頼はなくとも、いざというときに思い出して連絡をしようというアクションに繋がりやすい。

 

もしWEBサイトの訴求メッセージ、サイト構造を考慮せずに制作した場合、特に印象に残らず忘れ去られる可能性が高く、機会損失の恐れがある。

 

なのでWEBサイトのつくりこみは大事で、自分、自社をどうせ見るか、いわゆるブランディングにもとづいたWEBサイトの制作は非常に大切である。

 

 

金村勇秀プロフィール

 

バナー

 

 

【ビデオブログ】ビジネスにおけるブランディングの定義とその効果について

ビデオブログ

ビジネスにおけるブランディングの定義は下記のとおり。

“サービス/商品のクオリティへの安心感、信頼感を高め、それによって購入/導入障壁が低くすることを目標とした活動”

営利目的としている企業の最終的な目標は、当然収益を上げることで、そのブランディングによりブランド力が向上することによって、以下の効果が期待できる。

コスト節減効果
→コスト(営業コスト)をかけなくともお客はやってくる

高価格販売
→価格競争に巻き込まれず、価格が高くても購入される

続きはテキスト版記事でもご覧いただけます。

テキスト版記事
ビジネスにおけるブランディングの定義とその効果について
http://besteffortmarketing.co.jp/blog/entry/63

 

 

金村勇秀プロフィール

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー

【最新トピック】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴-連携による合わせ技

social media

ソーシャルメディアを使用したマーケティングを行う際の参考として、各SNSのメリット・役割をまとめた記事がGaiaX Social Media Labより発表された。

発表記事:
【2014年保存版】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴・運用目的を徹底網羅!
http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/294

 
ソーシャルメディアマーケティングについての問い合わせを受けるが、知名度のある大企業ならばある程度のコーポレートブランドが確立しているため、取り扱っている商品/サービスの販促オンラインメディアとして使用するのがいい。

 
中小企業、ベンチャー企業、無名の士業の方がいきなり商品/サービスを紹介しても、同類の商品/サービスを扱っている競合との差別化が難しく、期待する効果はでにくい。
※革新的な商品/サービスを扱っている場合はまた違うが。。

 
まずは各ソーシャルメディアの特性、メリット、デメリットを把握した上で、各メディアにあった役割付けをして、自社(コーポレート)、士業(パーソナル)のブランディング向上に注力することを強くすすめる。

 
そしてブランドが認知され、自社、もしくは商品/サービスに興味を持った場合に、その受け先となるランディングページ(自社WEBサイト、商品/サービス紹介サイト)へと導くような自然な動線(リンク)をつくるのがよい。

 
どのメディアを使用するかは、“情報の拡散性”、“B to B向け”または“B to C向け”、“日本でのユーザー数”、“広告掲載の有無”などを考慮して、1つのメディアではなく複数のメディアを使用し、有機的に連携させて最終地点としてのランディングページに導くことが重要である。

 

feed
当サイトをRSS配信にて購読したい方はこちらよりご登録ください。

バナー